【TMAのVRの評判・口コミ】AVメーカーTMAこそVRの真髄

AVメーカーの中でも独自のこだわりを見せるTMA(トータルメディアエージェンシー)はAV業界の中でもVRへの取り組みが早く、2016年9月には作品を発表していました。AVファンからもTMAのVRは質が高いという評価を受けており、現時点ではTMAとKMPの2社の作品が頭一つ抜けているようです。

メーカーの中には撮影や編集などの技術を外注している会社が多い中、TMAでは社内で撮影・映像や音声の編集・モザイクかけまで行える体制になっているようです。社内に技術やノウハウが社内に蓄積されていくため、今後ますます質の高い映像を発表してくれることでしょう。機材や技術に先行投資出来るTMAの体力と経営者のセンスの良い判断に脱帽です。

遠い部分が綺麗に視えるのがTMAの魅力

TMAは映像処理が上手いのか、画面の遠くもハッキリと見えることが高く評価されています。ネット上でのユーザのクチコミです。

”他メーカーのVRは遠目がぼやけるがTMA作品は遠目でもキレイに見える”

”TMAのVRはピントがとても良い。離れた場所も近くもクッキリ見える。かといって距離感が感じられないわけでもないのが素晴らしい”

但しカメラの位置はなかなか難しいようで、男優さんが映り込んでいて不愉快という書き込みも。

”男優さんの口が映る。結構気になります”

”男優の手を映す必要ってあんのかな”

女優さんアップのシーンなどはユーザ側がゴーグルの使い方に慣れていく必要があるでしょう。

”有料動画なのに映像の作りが悪い。顔アップのシーンなんて二重映像っぽくなって目を悪くしそう”

また、音声の使い方についても意見が出ています。

”せっかくのバイノーラルなのでもっと寄りで耳元で囁いて欲しいです。後半が単調に感じます”

音の使い方についてはSOD作品の評価がやや高い印象です(SODは映像についての評価は高くありません)。>>SODのVRに対する評判

TMAのVRはDMM,アダルトフェスタ,HBOXで

>> 【アダルトフェスタ】TMAのVR作品一覧へ

>> 【DMM】TMAのVR作品一覧へ

> 【HBOX】TMAのVR作品一覧へ

価格は1本980円~1,480円で、現時点ではDMMとHBOXに提供している映像内容も値段も同じです。

TMAと並んでVRの評価が高いKMP(ケイエムプロデュース)の評判はこちらです。