【SODのVRの口コミと私の感想】AV界の雄・ソフトオンデマンドの名折れ?

これまでSODのVR作品は「質が悪い」という評価が圧倒的でしたが、2017年3月時点ではだいぶ改善がされているようです。但しDMMのグループ会社であるKMPの作品のほうが相変わらず評価は高いです。

ただの2Dで立体感がまるでない

これまで発売されていたSOD作品は3Dではなく2Dであり、VRらしい立体感が欠けていると言われていました。

”ゴーグルを付けて見る、普通のAVじゃん”

”ただの大画面映像でした”

”SODのVRは他のメーカーのと違って立体感が全然ない”

”そこに存在しているかのような醍醐味が薄い”

 

しかし、現時点では3D作品が増えてきておりユーザの評価も変わってきました。

”このレベルのVRなら今後も安心してSODで買える”

”他メーカーのVRは女優さんが大き過ぎて興奮しなかったが、サイズ調整がうまいメーカーが現れた”

>> SODの人気VR作品一覧はこちら

2D作品「だからこそ」の良さもある

”3Dではキスなど女優さんが極端に近くづくと分裂しているように見えてしまうけど、2Dでは女の子の顔がしっかり見えるので興奮します”

2Dならではの良さもあるという意見ですが、それならゴーグルなど使わずに普通にAVを観れば良い気もします。

SODはまだVRは撮影技術が低い?

”数センチの密着感をVRには求めてるんだから、もっと女優を寄せて欲しい”

”カメラから女の子までがずいぶん遠く、VR使っている意味が全然ない”

”ズームし過ぎで巨人の女性を拝んでいるようだった汗”

”天井付近は映像の接合部分がおかいくなっていて、女優さんの顔が歪んでいる。接合部分の映像処理を改善してください”

360度パノラマでは無かった

表記が間違っているものもあるとか。

”360°パノラマと書いてますが180°でした”

音声の使い方については流石の声も

VRではその音声の使い方次第で本当に女の子が耳元で囁いているような臨場感を出せるのも特徴ですが、音の使い方については既に評価が高いです。

”女優が視線か消えて耳元で囁くところは流石SODという感じ”

”音の使い方は他メーカーより素晴らしい”

”その場にいる感じがあってとても最高でした。”

 

音声の使い方で評価が高かった動画はこちら↓

【神波多一花】M男性を興奮させるVR ~ 淫語囁き拘束セックス

 

以上、現時点では評価が高くないSOD作品ですが、結局好きな女優さんであれば満足出来るという意見も。

”VRとしての評価は低いけど好きな女優さんだったから全然OK”

”大人数に囲まれる動画では臨場感が感じられる”

>> SODのVR作品一覧はこちら

現時点で最も評価が高いのはDMMのグループ会社でもあるKMP社の作品です。

”ケイ・エム・プロデュース(KMP)の3Dしか観てなかったか らか、パノラマじゃ全然物足りない”

”KMPさんから学んでくださいマジで”

>> KMP作品への評価・口コミはこちら

一方、秋葉原に新設されたSODのアダルトVR専用個室ビデオ店は60分550円というお手頃価格で連日長蛇の列のようです。

https://twitter.com/s_21d/status/819091775558021121

ここからは体験者のツイートで、評価は分かれているようです。

行ってみた感想-動画がもうちょっと増えたら面白いかも?

一時は長蛇の列が出来ていたらしいですが、ブースの増設で混雑はかなり緩和されたとのこと。平日14時頃でしたが並ばず入れました。

60分で550円、TENGAとコンドーム2つがセットです。

狭い個室になっています。

鍵がかけられるので突然お母さんが入ってくる心配もありません。

私が使ったときはなぜかヘッドギアが反応しませんでしたが、スタッフがすぐ対応してくれました。接客は良いです。

動画はこの時点では65作品で、そのうち15作品が3D対応していました。動画を選択するとPC上とヘッドギアの両方で再生されます。

普通のAVとの決定的な違いまでは感じませんでしたが、女優さんが近くにいる感じはあるのでリアルさは増している印象でした。しかし頭にヘッドギアという大きな物体を被っている非リアルを引き算すると、トントンというところでしょうか。

音声には感動しました

音の使い方が上手いと言われているSODですが、音のリアルさやクチュクチュ音、さらに女優さんの囁き声の使い方については素晴らしいと感じました。

例えば下記の佳苗るかさんのソープ作品では、フィニッシュのときに騎上位しながら耳元に口を近づけて「いっぱい出して」と囁いてくれるのですが、これには私の全ちんちんが感動致しました。

VR作品は今後も増えていくはずなので、もう少し作品の選択肢が増えたら面白いと思います!

>> SODの人気VR作品一覧はこちら

アダルトVRと普通のAVの違い【AV観て腰が動いたことってありますか】

DMMで働く友人の衝撃体験

VRでアダルト動画を初めて見たときの印象的な体験をアダルトショップで働く友人から聞きました。

「仕事でこの前VRのAV見たんだよ、ヘッドギアを頭にハメて。社員とかバイトとか何人かに囲まれてる状態だったんだよ。で、動画再生したらだよ、なんと俺のち●こが反応しちゃったんだよ、びっくりしたよ、だってこの仕事初めて5年になるし、仕事でAVなら見慣れてるし、職場でAV見て興奮するなんてこと絶対に無いんだよ、なのに・・・。ほんと、VRすげえぞ。」

実際にVRでのアダルト作品を体験したユーザの口コミをDMMサイトから集めてみました。まず、VRと普通のAVではどう違うのでしょうか?

普通のAVが「昔の白黒映画」に見える

”VRを体験してしまうと、普通のAV見るのがアホらしくなる”

”テレビで言うなら、アナログとハイビジョンくらい違う”

”もはや映像試聴と言うより疑似体験と言った方が良い”

”テレビで見た芸能人を目の前にした時に違った印象を受ける感じに近い”

”多くの3Dと名の付くエロを見てきたから、VRにも期待してなかった。しかし今回のは違う。想像以上によかった。まさに女の子と二人きりで、本当にエッチしてる気分”

これまでのAVでは立体感をほとんど感じていなかったということを、VR体験後に理解したという意見が多いです。平面映像でも十分リアルだと思っていたんですが・・・。

実際に身体が動いてしまう

”動画を見ている最中に無意識に腰が動いてしまう”

”キスをせがまれたら思わず口を突き出してしまう”

キスなど顔が近づくシーンでドキリとする

”キスで顔が近づくシーンとかがヤバい”

”顔を近づけてキスされるシーンは本当にドキッ!とします”

女の子の体温すら感じてしまう

”胸が迫ってきたりキスする時は暖かみを感じる”

”キスされると胸のあたりがほわほわする感じがする。”

”リアルに見えるというより、そこに存在している!”

立体的に見えるVR技術のおかげで、実際に腕を伸ばしてしまった、顔を前に出してしまったなどの声を聞きます。逆に手を伸ばしたときに何も無いことに驚いたなどという口コミも・・・。

 

グッズとの組み合わせで更に上の体験を

”TENGAと組み合わせたらほぼセックスしてるのと同じくらい瞳孔開いて興奮できます”

”VRみるならオナホ、テンガはあった方がいいです。本当にセックスしてるかのような体験ができます”

”ここで併用すべきアイテムがタマゴ型TENGA!挿入シーンで一緒に入れることでほぼ本番しているのと同じ錯覚に陥るほどリアルな感覚になります。そのままフィニッシュ出来るので視界がゴーグルで遮られてても安心して逝くことが出来ます”

”耳の中までフィットするカナル型のイヤホンが臨場感もありオススメ。普通のイヤホンだと首を上や横に振った時に外れると集中力が削がれます”

”さらにこれは必須ではありませんが、空いた片手を有効活用して、柔らかい素材のハンカチ(パンティだとなおgood)に女性用の髪スプレーをシュッと掛けて鼻の近くにあてがい匂いと舌感覚も楽しむと達人級”

 

黎明期ゆえの改善点も

”作品によっては遠近感がおかしくて興奮しない”

”まだメーカーによってムラがある印象”

撮影技術も各メーカーで向上段階という様子で、まだまだ改善の余地がありそうです。

”ちょっと時間に対して値段が高いのが気になります”

撮影機材と技術に発生する費用が現在は高額なので、過去のAVと比較すると割高になってしまいます。

”しょうがないことだが高画質だと使う容量が凄いことになる”

動画が非常に重いため15~20分以上の作品だとダウンロードするのに時間がかかってしまうため現在はこのくらいの長さが多いようです。

また、視点を切り替えた時にうまく動作しない、眼が疲れるという口コミもあります。

”視点動かす時に重くなるせいか画質が悪く感じる”

”使用後多少の疲労感がある”

これはヘッドギアとユーザ側の慣れが原因のようです。

主観ものの作品が多いため、男優さんの声が入るとマイナス要因になりやすいようです。このあたりは今後の男優さんの頑張りに期待です。

”男優さんの声が結構入ってます”

以上のデメリットも含めて検討してみてください。

上記の口コミの多くは2017年1月時点での最高傑作と言える美咲かんなちゃんの作品にDMMで寄せられた口コミを集めたものです。その作品はこちら↓

【VR最高傑作1】美咲かんな 生中出しスペシャル!

美咲かんなの作品をDMMで観る

主観・痴女系のAV好きならエロアダルトVR

カメラ固定なので痴女系動画が中心

VR(バーチャルリアリティ)では平面映像とは異なり180度もしくは360度の視野角で撮影するためにカメラが固定になっています。通常の撮影のようにカメラが一方向に向いているのではなく、三脚に乗った四角い箱の上下左右にレンズが付いているイメージです。

従ってカメラを動かすことが難しく(視聴者が酔わないように撮影するのが難しい)、固定したカメラに対して女優さんが演技をする作品が現時点では多くを占めています。従って手コキ・フェラ・騎乗位が中心になる痴女系の作品がメインになっています。

集団VRフェラ(乙葉ななせ・浜崎真緒・美咲かんな・花咲いあん)

VRだからこそ、キスとフェラを最大限に楽しめる

VR作品では左目と右目で違う映像を捉えることで現実に近い立体感を感じられるようになっており、さらに手前の撮影と奥側の撮影で別のカメラを使っていることでさらにリアルな立体感を表現しています。

その奥行きを最も強く感じられるのが、女優さんの顔やおっぱいがカメラに近寄ってくるシーンです。この際思わず顔が動いて壁に頭をぶつけた等という書き込みが多く見受けられます。また、顔や手が画面に近づき易い手コキやフェラ好きにも評価が高く、数人の女性に囲まれるハーレム系の作品もこれまでの映像との違いを感じやすい作品です。

【VR】桜木凛 りんとキスしょ/DMM

  

【VR】美咲かんな 生中出しスペシャル/DMM

椎名そら エステでジュボフェラ&オイル尻コキ/AVVR

乱交・覗き見にもVRは好相性

広く撮影した映像の中から自分が観たいところを集中してみられるというVR作品を活かせるので着替えやオナニーの覗き見にも相性が良いです。また、視野角を広く保っているため乱交ものの作品も今後どんどん増えていくのではないでしょうか。

潜入!?乱交パーティー/アダルトフェスタ